退院支援に行ってきました。

病院から病院の転院で姫路から須磨に来られている方の息子様よりご依頼を頂き、しゃらく介護タクシーとして行って参りました。

要介護者が男性とのことで、女性スタッフが来ることを息子様が大変心配しておられましたが、車いすから座席の移乗のみなのでお引き受けさせて頂きました。

もともと介護施設で10年以上の経験があるので、よほど大柄の男性でない限りは一人で対応は可能です。

一人でといっても、看護師さんや息子さんもお手伝い下さったのと、ご本人がしっかりと自分の足で体重を支えてくださっていたのでほぼ負担なく介助させて頂きました。

片道1時間半ほど姫路の方に走ると、チラチラと雪が降ってきました。普段ほぼ寝たきりで過ごされていたとのことで、たまにリクライニングの角度を調整しつつゆっくりと向かいます。

息子さんが神戸にお住まいとのことで、神戸の施設も探してみたけれどなかなか見つけられずに、姫路の施設に入居を決められたそうです。月に何度か往復する予定だとか。優しい息子さんを持ってお父様幸せそうにされていました♪

到着前に、『ココアが飲みたい』とコンビニで買ってもらって美味しそうに飲んでいたのが印象的でした。

春までまだ少しあるので、風邪などひかれませんように遠くから祈っています。またご縁がありましたらお会いしましょうね。

乗務・添乗 穂積悦子

介護付き添い旅行 しゃらく旅俱楽部 ユニバーサルツーリズム