2019年2月1日  Home  ›  カテゴリー:お知らせ

神戸ソーシャルブリッジフォーラムを開催します。

「神戸をよりよい街に!」との思いで2018年から新たに始まった社会・地域課題に取り組んでいる神戸のNPO・地域団体等と、企業社員・行政職員・ママやシニアなど多彩な人材をつなぐ神戸ソーシャルブリッジ。

「少しでも誰かの役に立ちたい」という気持ちがあれば、あなたはもうすでにスタート地点にいます。そこから一歩踏み出すきっかけになることを願いフォーラムを開催します。

内容

PART1 神戸ソーシャルブリッジ゙ 取組み報告

今年度は、7月に1週間の1WEEKトライアルで11団体、10月~12月に2ヶ月のステップアップチャレンジで6団体、延べ17件のプロジェクトに取組みました。NPO・地域団体がつながった先に見えた景色とは?感想とは?プロジェクトの概要とアンケートの結果を共有します。

PART2 学ぶ! 体験する! 大人の社会科見学!

知っていそうで実は知らない社会を学ぶ&活動体験コレクション

フォーラムには様々な社会課題に取り組む団体が参加しており、継続的に個別の団体とつながる機会を提供します。

【1】NPO・地域団体 × ITの挑戦

ITの進化を味方に、市民活動をよりパワフルに、誰もがアクセス可能な情報の仕組みづくりに奮闘する団体のリアルに迫ります。

  • アイ・コラボレーション神戸
  • 竹の台地域員会

【2】多文化共生・国際交流

市内でも増加の一途をたどる在住・訪日外国人と共に暮らす。神戸のこれからの多文化共生と国際交流を見据えた現場のリアルに迫ります。

  • FMわぃわぃ
  • Peace&Nature

【3】次世代育成・こどもの学びを支える

子どもの貧困にも注目が集まり、学校外の教育を受ける機会に格差が生まれています。子ども達の「学ぶ」を支える現場の最前線に迫ります。

  • 神戸職員有志
  • まなびと

【4】社会課題 × ソーシャルビジネス

「育児」も「働く」も諦めない、子連れで働ける飲食ビジネス。在住外国人の母語を活かした多言語翻訳・通訳ビジネスの挑戦に迫ります。

  • ママの働き方応援隊
  • FACIL

PART3 多様な視点から未来を展望する!

神戸のソーシャルビジネスと、ソーシャルブリッジの今後の可能性について

  • NPO法人ブレーンヒューマニティー顧問 能島 裕介 氏
  • 認定NPO法人サービスグラント代表理事 嵯峨 生馬 氏

開催要項

  • 日時:2019年2月9日土曜日 14時~18時30分
  • 場所:新長田勤労市民センター(神戸市長田区若松町5丁目5番1号 新長田駅前ビル3F)
  • 参加費:無料
  • 定員:200名(要事前申込)
  • 対象:市内で活動に取組むNPO・地域団体の方、社会貢献活動に関心を持つ企業社員、行政職員、学生、シニアなど

お申込み

お申込みはこちらのホームページからお願いします。